タントはダイハツの中でもロングラン商品で今でも人気がある車種です。

小回りが効く軽自動車の利点と、内装の広さ、ターボでの馬力アップなど注目のポイントが目白押しです。

そこで、今回はタントカスタムターボ付きの人気の理由や、中古相場、さらにタントカスタムターボの中古車での改造車を比較して行こうと思います。

 


スポンサーリンク

タントカスタム中古車「ターボ改造車」人気の理由は?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom/03_exterior.htm

まず、タントカスタムでのターボ搭載のグレードを見て行きましょう。

現在発売されているグレードでターボが搭載されているのは「RS“トップエディション SA Ⅲ” 」、「RS“SA Ⅲ”」の2グレードです。

新車価格も「RS“トップエディション SA Ⅲ” 」では

2WD 174万9600円

4WD 187万3800円

RS“SA Ⅲ”

2WD 170万6400円

4WD 183万600円

タントカスタムのベースグレードの価格は

2WD 152万8200円

4WD 165万2400円

と20万円前後高くなりますが、実際の所はターボ付きのモデルがよく選ばれています。

その理由としては、軽自動車の馬力の低迷をターボで補っている点が一番大きいでしょう。

660ccのエンジンをそれ以上稼働させる為に過給機を増設し、トルクアップを図っています。

坂道での走行や、スピードを出す際などターボありと無しでは全く違います。

燃費もひと昔まではターボ付きとなると燃費の低迷が懸念されていましたが、現在は燃費も改善され、今ではターボ無しに並ぶほどの燃費数値が出ていますので選ばれている点もあります。

また、室内も広くBピラーレスでスライドドアなので家族の乗り降りもしやすく選ばれている点です。

安全性能でも人気の秘密あり!

ダイハツの予防安全機能としてスマートアシストⅢがあります。

人や自動車や物にぶつかりそうになった時にアラームを鳴らし、ブレーキ制御をかける「衝突警報機能」、「衝突回避支援ブレーキ機能」、うっかり車線をはみ出して運転してしまった時にアラームを鳴らす「車線逸脱警報機能」、アクセルとブレーキの踏み間違いを抑制する「誤発進抑制制御機能」、信号待ちなどで先行車が発進したことをお知らせしてくれる「先行車発進お知らせ機能」、夜間のドライブ中にヘッドライトをハイビームに自動で切り替えてくれる「オートハイビーム」など安全性能が目白押しです。

運転に慣れた方もいざと言う時の予防安全機能は大いに役立ち、今後の自動車には標準で装備される機能ですのでより安全に運転することが可能となります。

 


スポンサーリンク


タントカスタム中古車相場はいくら?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom/03_exterior.htm

タントカスタムの中古車相場を見て行きましょう。

最安値は初代タントカスタムで20万円前後から販売されていますが、走行距離も多く後々のメンテナンス代が必要となるでしょう。

最高値は230万円で新車の改造車と、新古車では185万円台となっており、人気の高さの影響で、ほぼ新車と変わりない金額となっています。

私がおススメする価格帯は100万円前後の車両で、走行距離4万キロ未満の車両をおススメします。

4万キロ未満ですと購入後の故障などのトラブルも少なくまだまだ乗れる状態ですのでおススメです。

年式と走行距離で大きく値段は変わりますが、もう一つ注意が必要な所は「修復歴」です。

中古車購入時に注意が必要な「修復歴」

修復歴とは事故をして修理した履歴のことを指します。

バンパー、ドア、ボンネット、フェンダーなどボルトなどで固定されている所は修復歴としてカウントされない場合があります。

修復歴が必ずつく箇所は用意に交換ができず、溶接などをつかって交換する箇所を指します。

特に車の骨格部分を修復している場合はハンドルの操舵性、タイヤの以上摩耗など乗っていると出てくる症状もありますので注意が必要です。

また、交換ではなく板金修理の場合でも注意が必要です。

板金修理とは凹んだパネルを引き出し作業やハンマーなどでならす方法で、ごくわずかなひずみを取る為にパテを使用しています。

そのパテですが、再度同じ個所をぶつけてしまうなどした場合、通常よりも多く修理費がかかってしまうケースもあり注意が必要です。

また、購入の際は「どこをどう修理したのか」が大切です。

購入時に定員さんに聞いてみましょう。

オートオークションでもどこを修復したのかが分かる仕組みになっていますので必ず知っているはずです。

サイドシル、クォーターなど交換している車は後々のトラブルもありますので出来れば選ばない方が良いでしょう。

タントカスタム中古車を詳しく知りたい


スポンサーリンク



タントカスタムターボ付き中古車の改造車はお買い得?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom/03_exterior.htm

タントカスタムを購入後、改造したいと言う方におススメしたい中古車情報を載せます。

例1 タントカスタムALLUREデモカー

エアロメーカーのデモカーの中古車販売です。

走行距離も2千キロと短く、カラーは人気のシロです。

装備内容はエアロキットフロント、サイド、リア、ボンネットカナード、アイライン、アルミホイール17インチ、エアサス、内装はダッシュボードマット、シートカバー、フロアマットです。

エアロメーカーのコンプリートカーですので、改造費想定120万円以上かかると思われる所、車体本体価格230万円とベース車両価格が110万円ほどで入手できますのでお買い得です。

エアサス付きですのでお出かけの際に段差などで擦ってしまう恐れも無く、また運転席から車高を調節できますので使いやすいです。

 

例2 タントカスタムRS トップエディションSAⅢ

新古車ベースでライトチューンされた車両です。

デモカーとなるとド派手なイメージですが、こちらは足回り、ホイールのみのチューンで落ち着いた大人のカスタムです。

ホイールは16インチ、足回りはラルグス製フルタップ車高調、バックカメラ、ナビ付きです。

総支払額は225万円ですが、アルミホイール推定10万円、車高調15万円、バックカメラ2万円、ナビ15万円の合計42万円のオプションがついているのと同じですのでお買い得です。

 


スポンサーリンク



タントカスタムターボ人気の理由、中古相場、改造車まとめ

タントカスタムは発売当初から人気の車種で、トールワゴン業界ではトップクラスの販売実績を叩き出してきました。

その中でもターボ付きのモデルは今まで普通車を乗っていた人でも満足する走りとタントカスタムの広々とした室内が人気を集めてきました。

安全性能面にもスマートアシストⅢの搭載によってより安全に運転することが出来、主婦にも手軽に運転出来るようになりました。

 

中古相場ではまだ大きな変動は無く、現行のモデルは軒並み新車とあまり変わりない金額を維持しています。

タントカスタムの改造車も新古車ベースの改造が多く価格は新車価格以上に高く、一見高く見えますが、装備している部品、工賃を考えると値引きと同じくらいの値引き率が出てきます。

また、中古車購入時に欲しい改造アイテムなどがあれば取付をお願いする方が工賃もサービスにしてくれる場合もありお買い得です。

 

新型タントがほしい〜!乗り回したい!!

これ本当に軽自動車!?と思えるほどの余裕の車内!!

スマートアシスト3搭載で先進の安全性能でサポカーSに適合されているなんて乗らないなんて有りえないですよね!!

良い車乗りたい!!かっこいい車乗りたいと思うお父さんの欲求をうまーく満たしてくれるのがタントシリーズのカスタム〜〜!!

 

皆さん、そう思いませんか??

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

 

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

 

など、新型タントシリーズを購入を検討してるけど悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能だけ!!費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

嫁に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

 

「ちょっと待ってよ〜このカラーとかすごく良くない??乗ってる車はかっこいいものの方が良いでしょ??もっと話を聞いてよ〜〜!!」

 

と言いたいけど、言えず・・・

 

欲しいのに、欲しい車に手が届かない!!

私もこんな体験をした一人です・・・

 

私の8年物の前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

 

おまけをしてもらって20万円ですよ??値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので…

 

値引きの金額としては十分だったので、もう一声!とは言えない状況でした。

 

ここで、超興味無さそうにしていた妻に「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

 

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最上位グレードの車は燃費も安全性能も装備も、やっぱりいいですよ!

 

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「一括査定サイトって??何・・??」

 

実は!!実際知らない方が多いんです!!知っていても内情がわからないから怖くて使用したことない方もいます。

それ、確実に勿体無いですよ!!

 

なぜなら、ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では最大80万円以上になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。