現在ファミリー層でも人気があるタントカスタムですが、車好きなお父さんであれば改造したくなりますよね。

子供の保育園、幼稚園の送り迎えなどに利用する機会もあり、あまりド派手な改造は周りの視線も気になる所です。

そこで、今回はタントカスタム改造中古車事情、ライトチューンにおススメの社外マフラー、おススメマフラーなどご紹介していきます。

 


スポンサーリンク

タントカスタム改造中古車は人気?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom/03_exterior.htm

タントカスタムの改造中古車についてスポットを当てて行きましょう。

改造中古車の最大のメリットはノーマルから装着していくよりはるかに安く手に入ることではないでしょうか?

足回りをオシャレに見せる社外アルミホイール、車全体をシャープに演出するローダウンサス、又は車高調、同じ車でもガラリと個性が変わるエアロ、レーシーさを演出出来、運転も楽しくなるマフラーなど高額なパーツがついている改造中古車が人気を集めています。

それでは各改造パーツそれぞれの装着されている改造中古車を選ぶ際の注意点を見て行こうと思います。

タントカスタム改造中古車の選び方

上記では自分で装着するよりはるかに安く購入出来ると書きましたが、一部車検など通らない場合がある車両も存在します。

「改造車を買ったものの、ディーラーに持って行くと入庫を断られた」、「追加で費用がかかり、結局純正に戻された」などトラブルもあります。

改造中古車選びの際に気を付けるポイントを各パーツごとにご紹介しましょう。

 

社外アルミホイール

足回りをオシャレに見せたり、スポークタイヤでスポーティーに見せるなど改造車では必ず必要とされる社外アルミホイールです。

ホイールサイズを上げ、タイヤの扁平を下げることによって足回りにインパクトを与え、レーシングカーのように引き締まった印象を加えることが可能です。

ホイールサイズも17インチまであり、大きくなればなるほどコーナリング性は良くなりますが、乗り心地は低下します。

また、フェンダーからはみ出したホイールは車検に通りませんので選ぶ際は注意が必要です。

16インチですと、乗り心地の低下も少なく、見た目もガラリと変えることが出来ますのでおススメです。

 

ローダウンサス、車高調、エアサス

車高を低くすると車全体の印象が引き締まって見える為おススメです。

ローダウンサスは比較的安価でローダウン出来ますが、微調整などが出来ない所がデメリットです。

車高調は純正の車高より上げることも、下げることも出来、ミリ単位で調整できる点がメリットですが、価格が10万円ほどするのでお財布には優しくありません。

エアサスは運転席でいつでも車高の上げ下げが出来、大変便利ですが、導入には20万円ほど必要で、改造申請が必要になりますので座敷がググっと上がってしまいます。

やはりおススメは車高調です。

私も今まで乗ってきた車は全部車高調をつけています。

乗り心地、見た目をミリ単位で調整出来、減衰調整できるモデルもありおススメです。

また、タントカスタムで子供が乗り降りする場合、純正車高ですと子供が高くて乗れないケースもあり、車高を下げることで乗り降りをしやすくするメリットもあります。

注意点としましては、車検書記載の車高よりプラス、マイナス4センチ以内にするのがポイントです。

それ以上、それ以下になると車検の際、構造変更が必要になりますので手間とお金が追加でかかってしまいます。

 

エアロ、マフラー

タントカスタムは元々純正エアロバンパーがついていますが、追加でハーフエアロの装着や、フルバンパーに交換することにより、全く別物の車に見えることで人気があります。

ローダウンとセットで一層引き締まったイメージになりますのでエアロとローダウンは改造車にとって必須と言えるでしょう。

費用は塗装代、装着費など必要ですのでやや高額になりますが、見た目を変えるには一番効果がありおススメです。

注意点は駐車場の縁石に当たってしまったり、ショッピングモールなどの坂道でエアロを擦ってしまったりと車高を下げてエアロを装着するとリスクが高くなります。

車高調で縁石に当たらないギリギリの高さまで調整できますのでエアロ装着の際はおススメします。

また、マフラーですが、下記の記事で詳しく記載します。

 


スポンサーリンク


タントカスタムに社外マフラーは装備出来る?

改造車に乗る人にとって一度は気になるのは社外マフラーではないでしょうか?

リアバンパー下から出る小さなマフラーを大口のマフラーに変えることにより見た目もインパクトが出る為おススメです。

現在、タントカスタムでも社外マフラーは装着可能です。

ただし、車検の項目の一部改良により、規制が厳しくなっているポイントですので注意が必要です。

選ぶ際のポイントとしましては、公認マフラーを選ぶことです。

ネットオークションなどで1万円前後で販売されているケースもありますが、公認が取れていないいわゆる”競技用マフラー”として販売されているので注意が必要です。

もし、車検の時にマフラーで引っかかってしまうと、純正に戻しますので、もし純正がなければ、新品で買取、交換工賃なども必要になり車検費が増えます。

次の項目では車検でも大丈夫なマフラーをご紹介しようと思います。

タントカスタム改造をもっと詳しく!!


スポンサーリンク



タントカスタム改造マフラーオススメは?

上記で記載しました通り、車検でも重点的に見られるポイントですので正しいマフラー選びをしましょう。

そこで私が選ぶおススメマフラーをご紹介しましょう。

柿本改マフラー

社外マフラーメーカーでは老舗の柿本改です。レーシングカー技術をマフラー制作におしみなく使われており、購入後のマフラーからの異音などのトラブルも少なくおススメです。

もちろん公認も取れていますので車検でひっかかることも無く安心です。

価格は3万円ほどしますが今後のことを考えると買って損は無いと思います。

 

マフラーカッターの装着

上記マフラーではミドルパイプより後ろ、タイコとマフラーエンドを交換するタイプですが、マフラーカッターの装着はいかがでしょうか?

マフラーカッターは純正のマフラーの出口に取付するタイプですので公認を取る必要も無くリーズナブルに改造出来ておススメです。

マフラーカッターで排気口を大きくしたり、二股に分かれているタイプに変えたりと種類、サイズも豊富で、入手もカー用品店でも取り扱っていますのでおススメです。

チタンタイプは焼き入れ加工している物が人気でよりレーシーに見せることが出来、人気があります。

通常マフラーカッターですと、数千円~、チタン焼き入れタイプですと1,2万円ほどしますが、自分のスタイルに合わせて装着が可能です。

また、純正マフラーに直接金属バンドで固定する形式ですので走行時の落下などご自分でつけられる時は注意が必要です。

取付の際はプラスドライバーで装着出来ますが、規定トルクを出す為、ラチェット、ラチェットアダプターなど必要になりますので、取付に不安な場合はカー用品店で相談してみてはいかがでしょうか?

 


スポンサーリンク



タントカスタム改造中古車、社外マフラーまとめ

改造済みのタントカスタムはノーマルより注目を集めやすく人気の要因です。

ベタベタに下げた改造車は逆に利便性が悪くなりますのでファミリー層にはあまり人気が無く、ホイール、ローダウンのみのライトチューンタイプの改造車が人気を集めています。

昔、改造車に乗っていて子供が出来ても利便性が良く、見た目も良くしたいと思うお父さん方は多いと思います。

また、リーズナブルに改造できるポイントなどもありますので今後の記事で取り上げて行こうと思います。

新型タントがほしい〜!乗り回したい!!

これ本当に軽自動車!?と思えるほどの余裕の車内!!

スマートアシスト3搭載で先進の安全性能でサポカーSに適合されているなんて乗らないなんて有りえないですよね!!

良い車乗りたい!!かっこいい車乗りたいと思うお父さんの欲求をうまーく満たしてくれるのがタントシリーズのカスタム〜〜!!

 

皆さん、そう思いませんか??

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

 

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

 

など、新型タントシリーズを購入を検討してるけど悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能だけ!!費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

嫁に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

 

「ちょっと待ってよ〜このカラーとかすごく良くない??乗ってる車はかっこいいものの方が良いでしょ??もっと話を聞いてよ〜〜!!」

 

と言いたいけど、言えず・・・

 

欲しいのに、欲しい車に手が届かない!!

私もこんな体験をした一人です・・・

 

私の8年物の前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

 

おまけをしてもらって20万円ですよ??値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので…

 

値引きの金額としては十分だったので、もう一声!とは言えない状況でした。

 

ここで、超興味無さそうにしていた妻に「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

 

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最上位グレードの車は燃費も安全性能も装備も、やっぱりいいですよ!

 

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「一括査定サイトって??何・・??」

 

実は!!実際知らない方が多いんです!!知っていても内情がわからないから怖くて使用したことない方もいます。

それ、確実に勿体無いですよ!!

 

なぜなら、ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では最大80万円以上になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。