タントの上級モデルとして人気のタントカスタムですが、新車となるとRSですとナビを追加で装着すると200万円以上かかり購入に悩むと思われます。

新車で購入の際は家族に大反対される場合もあり購入に踏みとどまるお父さんもいらっしゃると思います。

そこで今回はタントカスタムの中古車相場、おススメ中古車、新古車について取り上げて行こうと思います。

 


スポンサーリンク

タントカスタム中古車相場はどれくらい?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom/

タントカスタムが2013年にフルモデルチェンジし、5年が経過しますので中古車として出回ってきています。

年式が新しい方が先進の予防安全技術が搭載されており、家族にも安心な一面ですが、高年式の場合人気車種の為価格も新車とあまり変わらなくなります。

そこで、今回はタントカスタムの中古車相場を調べてみましたのでご覧ください。

まず、現在の中古相場を見てみましょう。

 

タントカスタム最高販売価格

最高230万円前後と新車オプションフルセットに近い金額をキープしているのが「コンセプトカー」やエアロメーカーの「デモカー」などが上位を占めています。

コンセプトカー、エアロメーカーのデモカーは後ほどエアロ、足回りなどを装着する際のことを考えると破格で手に入りますが、価格が高いのと、あまりに改造が多い場合、ファミリーでの維持は難しいとされています。

改造車の狙い目としましては、社外アルミホイール交換、ローダウンサス、又は車高調のみの車両を選ぶのをおススメします。

 

タントカスタム最低販売価格

タントカスタムはタントよりも人気があり、中古車相場でも高値をキープしています。

安くても120万円前後からとなり、新車より2,30万円安く購入できるレベルです。

しかし、それ以上に安く販売されているケースもあります。

それは「修復歴」のあるタントカスタムです。

修復歴とは自動車を板金、塗装で外板を修理すると売却時に修復歴として履歴が残る仕組みです。

修復歴もバンパーのみ交換の場合はカウントされにくいですが、自動車の骨と言えるフレームまでの修理を行った車は問題があるケースがあります。

バンパー、ボンネット、ドア、ゲートなどボルトで固定されている箇所はボルトを緩めて新しい物に容易に交換出来ますが、クォーターパネル、サイドシルなどフレームと一体になった箇所はどう交換するのでしょうか?

それは、損傷のある個所を切り落として、新品パネルをそのサイズに合わせて溶接する方法で修理されています。

その際、サイドシルなど内部に手が入らない箇所の交換は溶接後の防錆が出来ない為、長年乗り続けると内側から錆びてくる可能性があります。

表面的には綺麗に見えても内部での錆は致命傷になりかねますので、長く愛車を乗るのであれば修復歴ありの車はあまりおススメできません。

 


スポンサーリンク


タントカスタムおススメ中古車はこれだ!

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/04_interior.htm

私がおススメするタントカスタムおススメ中古車をご紹介します。

注目すべきポイントと現在販売されている車両を例にあげてご説明します。

 

私のおススメするタントカスタム中古車1

タントカスタム XトップエディションSAⅢ

車体本体価格 168万円

総支払額  179万円

走行距離 1000km

カラー パープル

おススメポイント

白、黒が中古車市場でも人気がありますが、パープルを選ぶことによって少し安く手に入りお手頃です。

走行距離も新古車並みに低く、ナビ、ETC,ドラレコ、バックカメラなど搭載している車両が狙い目です。

オプション品で推定30万円ほどしますのでオプションでの値引きを考えると破格です。

また、中古車でも値引き交渉は可能ですのでさらなる値引きも期待できます。

 

私のおススメするタントカスタム中古車2

タントカスタム RS 4WD

車体本体価格 168万円

総支払額  175万円

走行距離 1.6万km

カラー パープル

おススメポイント

こちらもカラーは同じくパープルですが、年式は2015年と3年落ちの中古車です。

おススメポイントはグレードRSの為ターボ付き、ナビ、ETC,バックカメラ装着、4WDですので新車と比べると安く手に入ります。

走行距離も1.6万kmと短く、まだまだ安心して乗れる状態ですのでおススメです。

ファミリーが居てRSの購入を諦めかけてたお父さんもノンターボモデル並みの金額で購入可能ですので是非おススメします。

タントカスタム中古車をもっと詳しく


スポンサーリンク



タントカスタム新古車はお買い得?

次にタントカスタムの新古車を見て行きましょう。

現在現行モデル販売から5年が経過し、新車売れ行きが落ち着いている為、中古車市場に新古車が大量に流れています。

車体価格は新車と同じものの、新古車でお買い得に買うポイントをご紹介しましょう。

 

新車本体価格10万円以上安いタントカスタム新古車がおススメ

新車購入時に車体本体価格から10万円値引きするのはなかなか指南な技が必要とされます。

新車も根気よく数件廻り、成果を上げることも可能ですが、手っ取り早く値引きに成功し、新車より早く手に入れることが可能な新古車がおススメです。

車体本体価格より10万円以上安い車両を選び、オプションがついていると更に値引きと同じ効果がありおススメです。

 

実は新古車ナビ無しがおススメ!

私が最近注目しているのはこの方法です。

上記の方法で10万円以上安くてもナビがついていないと追加でナビ代がかかり購入を迷うことはありませんか?

中古のナビを選ぶ方法もありますが、取付は一人では困難で、中古と言えども新しいナビは10万円以上します。

ポータブルナビを選ぶのもありですが、音声出力がポータブルナビだけですので音が小さい、聞こえにくいなど不便さがあります。

そこで私がおススメする方法はコレです。

まず、新古車、ナビ無しを選ぶと、CDデッキすらついていません。

そこで、1DIN、2DINどちらでも大丈夫ですので社外CDデッキを装着しましょう。

ポイントは社外CDデッキにAUX入力端子がついていることです。

そして、メインで使うのはタブレット端末です。

タブレット端末のイヤホン端子とCDデッキのAUX入力端子をつなぐことによって車両側のスピーカーから音が出力され大迫力の音声で音楽を聴いたり、タブレットもwifi電波対応の後付けテレビチューナーが販売されていますので、装着によりテレビを見ることも可能です。

しかも、SIM対応タブレットと格安SIMカードとの併用でGoogleマップの使用も可能となり、ナビが必要無くなります。

私もこれまでナビを買ったことが無く、上記の方法で車に装着していますが、導入コストも4万円以内で音声再生、映像再生、テレビ、ナビなど格安で導入出来るのが最大のメリットです。

しかも、ナビの地図データは毎年更新が必要ですが、タブレットのGoogleマップの場合、更新も順次無料で行てくれますのでランニングコストも安いですし、タブレット使用で煩わしい操作方法も無く大変便利です。

但し、バックカメラを装着する場合はタブレットの入力端子が無い為追加でモニターを創設する必要があります。

増設のモニターも数千円で販売されていますのでトータルの価格を押さえたい方、多機能にカスタマイズしたい方には超おススメです。


スポンサーリンク



タントカスタム中古相場、おススメ中古車、新古車まとめ

マイナーチェンジ間近と噂されているタントカスタムですが、まだまだ人気があり高値をつけています。

中古車は当たりハズレがあり選ぶのは難しいですし、新古車となると新車とあまり変わらない金額となりますが、ご紹介した方法で探してみてはいかがでしょうか?

私もナビ無しの車に家族で乗っていますが、不満は無いみたいです。

SDカードに子供が好きな動画を移してタブレットでかけたり、一人で乗る場合はSDカードを差し替えて自分好みの音楽を聴くことなど出来ますので大変便利でリーズナブルにナビシステムに近い状態にすることが可能です。

新型タントがほしい〜!乗り回したい!!

これ本当に軽自動車!?と思えるほどの余裕の車内!!

スマートアシスト3搭載で先進の安全性能でサポカーSに適合されているなんて乗らないなんて有りえないですよね!!

良い車乗りたい!!かっこいい車乗りたいと思うお父さんの欲求をうまーく満たしてくれるのがタントシリーズのカスタム〜〜!!

 

皆さん、そう思いませんか??

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

 

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

 

など、新型タントシリーズを購入を検討してるけど悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能だけ!!費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

嫁に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

 

「ちょっと待ってよ〜このカラーとかすごく良くない??乗ってる車はかっこいいものの方が良いでしょ??もっと話を聞いてよ〜〜!!」

 

と言いたいけど、言えず・・・

 

欲しいのに、欲しい車に手が届かない!!

私もこんな体験をした一人です・・・

 

私の8年物の前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

 

おまけをしてもらって20万円ですよ??値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので…

 

値引きの金額としては十分だったので、もう一声!とは言えない状況でした。

 

ここで、超興味無さそうにしていた妻に「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

 

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最上位グレードの車は燃費も安全性能も装備も、やっぱりいいですよ!

 

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「一括査定サイトって??何・・??」

 

実は!!実際知らない方が多いんです!!知っていても内情がわからないから怖くて使用したことない方もいます。

それ、確実に勿体無いですよ!!

 

なぜなら、ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では最大80万円以上になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。