タントカスタムの広々とした内装を生かしてドレスアップも魅力の一つですね。

家族が居ると荷物も多くなりがちですが、収納スペースを増やして快適に乗れるようにしてみてはいかがでしょうか?

そこで今回は収納について特化し、タントカスタム内装のおススメカスタムパーツ、収納を増やすのは可能なのか?DIYに必要な工具の種類など取り上げて行こうと思います。


スポンサーリンク

タントカスタム内装カスタマイズおススメカスタムパーツ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom/04_interior.htm

タントカスタムの内装カスタマイズパーツは内装をゴージャスに見せるパーツが多いですが、今回は「収納」にスポットを当てた実用的なおススメカスタムパーツをご紹介します。

 

インテリアバー

元々釣り竿の収納で有名なインテリアバーですが、普段の収納としての利用もおススメです。

取り付け方法は天井左右にあるつり革型取っ手に引っ掛けるだけと施工も簡単です。

ハンガーで洋服を吊ったり、長尺物の持ち運びに便利です。

 

意外に使える100均アイテム

私は100均で車に使えそうな物は無いかよく探しに行きます。

色々なアイテムがあり、しかも100円と、とてもリーズナブルなので、家族持ちのお父さんにはすごく助かっています。

そこで、100均で使えそうな収納アイテムをご紹介しようと思います。

プラスチック製DVDケース

車でDVDをかけるなら大活躍しますが、今回は変わった使い方をご紹介します。

DVDケースを洗車道具入れに使ってみてはいかがでしょうか?

DVDケースの中に洗車用洗剤、スポンジ、タオルを収納し、洗車する際はDVDケースに洗車用洗剤を入れて水で薄めることが可能ですのでいつでも洗車が可能です。

しかも、バケツより小さいので、かさばらず収納出来てオススメです。

また、車のボディを拭き上げる時は、100均のマイクロファイバータオルがオススメです。

通常のタオルですと、拭き取り時に傷をつけてしまいますが、マイクロファイバータオルですと、繊維が細かい為、傷をつけにくく大変便利です。

 


スポンサーリンク


タントカスタム内装!収納を増やすのは可能か?

タントカスタムの広々とした車内を生かしつつ収納を増やすのは可能です。

DIYで収納を増やしたり、上記の100均アイテムで増やすことも可能です。

今回は仕事が休みの日を利用して作れるレベルのDIYで増やす方法をご紹介します。

ラゲッジスペース下の有効利用

パンク修理キットや応急処置用の車載工具が搭載されているラゲッジスペース下ですが、収納を増やすには抜群の場所です。

車載工具を取り外し、ラゲッジスペース上のフタだけでは上に荷物を置くと強度も弱く最悪フタが割れてしまう可能性があります。

そこで、補強用の木枠と、天板を作って上に荷物を載せても大丈夫なほど強度を持たせます。

木枠の素材は建築で足場にも使われている2×4材を使うと強度もあり、子供が座っても全然割れないのでおススメです。

価格も安価な為、DIYによく使われています。

天板は10ミリのベニヤ板をおススメします。

10ミリベニヤ板も安価で購入出来ますし、強度的にも強くこちらもおススメです。

作り方は、ラゲッジスペースの前後、左右の高さを図ります。

この時、木枠の太さも計算に入れてカットしないとサイズオーバーになったり、短くなってしまったりしますので注意が必要です。

また2×4材、ベニヤ板のカットに自信が無い方はホームセンターなどで有料で木材カットを行ってくれますので、こちらの利用をおススメします。

1カット10円~30円と自分で切るより正確に、綺麗にカット出来ますので女性の方にもおススメです。

次はカットした2×4材を組み立てて行きましょう。

木材をつなぎ合わせるのに皿ビスをおススメします。

釘ですと使用していくとグラつきや抜けてくる可能性がありますが、皿ビスですとネジですので緩みが少なくおススメです。

皿ビスの長さは固定する表側の木材の2倍程度の長さの物を選びましょう。

ビスが短すぎると強度が落ちてしまいますので皿ビスの長さはとても重要です。

木枠が完成しましたら、上部にベニヤ板を置くと完成です。

機能性を上げる場合は蝶番を使い、開閉出来るようにすると便利です。

また、ベニヤ板は表面が荒いのでペーパーをかけて平らにするか、フェルト生地を貼り付けて、純正風に見せることも可能です。

上部のベニヤ板も2分割にし、上に荷物が乗ってても片方から開閉できるようにするなど工夫を凝らしてみてはいかがでしょうか?

タントカスタム内装を詳しく


スポンサーリンク



タントカスタム内装ドレスアップDIYに必要な工具は?

DIYの良い所は通常工賃が必要な所を自分でする為、材料代だけとなり安くドレスアップ出来ますが、失敗した場合も自分の責任になりますのでリスクが高いです。

しかし、ポイントを掴んで行えば誰でも出来ますので、ファミリーのお父さん方におススメします。

そこで、今回はタントカスタムの内装ドレスアップの際に必要最低限の工具、内装DIYのノウハウなどご紹介します。

内装ドレスアップに必要な工具

外装、足回りですと、大きなボルト、ナットを使用していますが、内装パーツはボルト径が8ミリ、10ミリが主流です。

主に内装ドレスアップでは、ダッシュボード廻りの分解、ドアトリムの分解が主流ですので必要な工具をご紹介します。

 

プラスドライバー

プラスドライバーには種類があり、主に+1、+2、+3と種類があります。

内装で使うプラスドライバは主に+2が主流ですのでこちらを選びましょう。

+2のネジを+1の小さなドライバーで外そうとするとネジ穴を壊してしまう可能性がありますのでドライバーのサイズは正確に選びましょう。

また、ドライバーは押す力がメインで、回す力はそれほどいりません。

グッと押し込み、じわじわと回すことでネジ穴を壊しにくく外しやすいです。

 

ラチェット、ソケットセット

ラチェットも種類が沢山ありますが、DIYではラチェットとソケットのセットの物でも大丈夫です。

また、内装でよく使用するのは8ミリ、10ミリが主流です。

また、奥まった箇所のボルトの脱着に有効なディープソケットも便利で、8ミリと10ミリの2種類は用意しておきましょう。

 

内張り外し、クリップリムーバー

主に板金工具に分類しますが、DIYでも内張り外し、クリップリムーバーはおススメです。

内張り外しはプラスチックのヘラ状の物で内張りを外す際には大変便利です。

使い方は隙間に差し込むように使い、内張りを外して行きます。

注意点はこじらず、差し込むようにして外すことです。

こじてしまうと、内張りを傷つけてしまったり、塗装面を傷つけてしまう場合がありますので注意が必要です。

 


スポンサーリンク



タントカスタムおススメカスタムパーツ、収納、DIY工具まとめ

今回はタントカスタムのおススメ収納パーツ、収納の追加術、DIYまで触れましたが、まだまだアイデア次第ではまだまだ収納が追加可能です。

100均アイテムでも十分良いアイテムもあり、純正に近いクオリティの高い物も安価に作ることが可能な所がDIYでの最大の楽しみです。

内装の分解、組み立てには少しの経験と技術が必要ですが、失敗を恐れずに挑戦してほしいです。

また、必要工具も最低限の工具としましたが、凝って行くと特殊工具も必要になりますが、今後もDIYでカスタムする際は必要になってきますので揃えてみてはいかがでしょうか?

新型タントがほしい〜!乗り回したい!!

これ本当に軽自動車!?と思えるほどの余裕の車内!!

スマートアシスト3搭載で先進の安全性能でサポカーSに適合されているなんて乗らないなんて有りえないですよね!!

良い車乗りたい!!かっこいい車乗りたいと思うお父さんの欲求をうまーく満たしてくれるのがタントシリーズのカスタム〜〜!!

 

皆さん、そう思いませんか??

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

 

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

 

など、新型タントシリーズを購入を検討してるけど悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能だけ!!費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

嫁に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

 

「ちょっと待ってよ〜このカラーとかすごく良くない??乗ってる車はかっこいいものの方が良いでしょ??もっと話を聞いてよ〜〜!!」

 

と言いたいけど、言えず・・・

 

欲しいのに、欲しい車に手が届かない!!

私もこんな体験をした一人です・・・

 

私の8年物の前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

 

おまけをしてもらって20万円ですよ??値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので…

 

値引きの金額としては十分だったので、もう一声!とは言えない状況でした。

 

ここで、超興味無さそうにしていた妻に「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

 

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最上位グレードの車は燃費も安全性能も装備も、やっぱりいいですよ!

 

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「一括査定サイトって??何・・??」

 

実は!!実際知らない方が多いんです!!知っていても内情がわからないから怖くて使用したことない方もいます。

それ、確実に勿体無いですよ!!

 

なぜなら、ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では最大80万円以上になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。