軽自動車は普通車よりエンジンリッター数が少ない為、燃費は良い傾向ですが、車によって燃費のバラツキがあります。

年式によって燃費もカタログ値上では燃費がアップしている傾向ですが、実際の燃費が気になる所です。

そこでタントの燃費、実際に運転すると思うように燃費が伸びない事情、タント、新旧での燃費比較、ターボモデル燃費を取り上げて行こうと思います。

 


スポンサーリンク

タントの燃費はいい?実際に運転すると燃費が思うように伸びない!?

実際に運転してみると思うように燃費が伸びず、JC08モードの半分ほどしか出ない場合もあります。

タントとミライース同じエンジンを搭載しているにもかかわらず、タントの方が燃費が落ちるのは何故でしょう?

それはタントの弱点の重量の重さに関係します。

重量が軽ければ軽いほどエンジンにかかる負荷が減り少ない力で動ける為、燃費に関係します。

なので同じエンジンを積んでいるミライースの方が燃費が勝ることになります。

しかし、タントでも燃費を上げる方法がありますのでご紹介します。

不要な荷物を載せないこと

荷物が増えれば増える程燃費は悪化します。

釣りが趣味のお父さんは釣竿など載せっぱなしになりがちですが、たかだか数キログラムと思わずに降ろす方が燃費はアップしますので是非オススメです。

 

軽量化につながるカスタマイズ

カスタマイズと言うとレーシングカーや、ドレスアップ車のイメージがありますが、ホイールを軽い物に交換することで燃費アップにつながります。

現在のホイールよりインチダウンや、より軽い軽量ホイールに交換することでも燃費に左右します。

また、軽量アルミナットの装着なども有効で、燃費アップが期待出来ます。軽量アルミナットは純正装着のホイールナットと比べアルミ製のナットですので重さも遥かに軽く、またドレスアップ効果もありオススメです。

 


スポンサーリンク


タント燃費は旧型、新型で違う?歴代タント燃費徹底比較

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/03_exterior.htm

新しい方が燃費が良いことはご存知でしょうが、実際の燃費の差はいくらくらいかご存知でしょうか?

旧型は中古車価格が安く手が届きやすい価格の為、新車に近い価格の新型を買おうか、新車の半額ほどで手に入る旧型か迷いますよね。

そこで、歴代タントの燃費を比較してみようと思います。

条件としましてはノンターボ、2WDで比較します。

 

初代タント      JC08モード   18km     実燃費   13.23km

2代目タント     JC08モード   20.5km   実燃費 14.32km

3代目タント     JC08モード    26km     実燃費   15.69km

 

JC08モードで比較すると初代モデルから3代目で1.5倍の燃費アップしていますが、実燃費の平均値を見てみますと、約2.3kmのリッターアップのみとなります。

では実際に初代タントと3代目タントの実燃費の差でどれぐらいの金額が変わるかシミュレーションしてみましょう。

まず、初代タント、3代目タントの実燃費をベースにそれぞれ1万キロ走った場合のガソリン代の違いを見て行きます。なお、ガソリン代は1リッター150円として計算してみましょう。

まず、1万キロ走る為に消費するガソリンの量を計算します。

10000キロ ÷ 実燃費 = 必要リッター数  となりますので、この式に当てはめますと、

初代タント

10000キロ ÷ 13.23 = 約755.85

3代目タント

10000キロ ÷ 15.69 = 約637.34

初代タント必要リッター数から3代目タントの必要リッター数を引くと

755.85 ー 637.34 = 118.51

次に燃料差とガソリン代、リッター150円をかけると

118.51 × 150 = 17776.5円

となります。

もし、10万キロまでと想定すると17万7765円の差額になります。

中古相場を見ても、初代タントと3代目タントの差額は17万円以上あり、トータルで安く買うと考えると初代タントを購入する方が安くランニングコストもすみます。

もし、燃費を1リッターアップすることが出来れば10万キロ計算では8万円以上の得となります。

また、年に1回の自動車税のことで購入を考える方が居ますが、現在新車と比べて2100円の差額しか無く、無理に新車を買う必要もありません。

タント燃費をもっと詳しく


スポンサーリンク



タント燃費はターボモデルは悪いって本当?

ひと昔のターボ車は走りはスムーズだが、燃費が悪いと言われていました。

速度を上げて行くにつれてタービンを動かし空気の流入を多くすることにより速く走ることができます。

しかし、空気の流入を多くすると、それに伴いインジェクターからガソリンを多く噴出する為燃費は落ちる仕組みです。

では、実際に歴代タントのターボモデルの燃費を見て行きましょう。

 

初代タント     JC08モード  17.6km  実燃費 11.09km

2代目タント   JC08モード   19.2km  実燃費 13.72km

3代目タント   JC08モード  26km  実燃費 14,52km

 

フルモデルチェンジを経て徐々に燃費の改善がみられていますが、とうていJC08モードに到達するには程遠い数値となっています。

ノンターボのタントと比較すると燃費は劣りますが、燃費の差の平均はリッター2前後と大幅に燃費が違うと言う訳ではありません。

ターボモデルも運転方法で燃費アップが見込めますので、ターボモデルの低燃費運転方法をご紹介しようと思います。

ターボをあまり使わないで運転をする

上記で説明しましたが、ターボモデルは吸気を多くすることでパワフルに走ることが出来る装備です。

パワフルに走る分、燃費も悪くなりますのでターボをあまり使わずに走ることで燃費の改善が見られます。

アクセルを強く踏み込むと瞬時にタービンが動き出すので、アクセルはやさしく踏み込むようにしましょう。

そして、一定の速度をキープし、走りにムラを作らないことで不要な燃料排出を抑えることができます。

 

タント燃費は旧型、新型問わずメンテナンスが燃費をキープさせるポイント

燃費は乗り方によって左右し、時間の経過と共に燃費も徐々に低迷していきます。メンテナンスにより、新車の状態に近づける為定期的にメンテナンスを行うことで、燃費の改善が見込めます。

エンジンオイルは5千キロ交換目安ですが、3千キロで交換し、交換サイクルを早めることでエンジンにも優しく、燃費にもいいやり方です。

ターボ車はノンターボ車と比べシビアな面もありますので、交換するオイルは「科学合成油」がおススメです。

また、オートマフルートですが、こちらも時間の経過で劣化して行き燃費を下げる要因ですので車検ごとに交換するのをおススメします。

 


スポンサーリンク



タントの燃費旧型、燃費徹底比較、タントターボモデル燃費まとめ

トールワゴンはボディーサイズが多きいバンと同様重量が増える傾向の為、コンパクトな軽と比べると燃費は落ちてしまいます。

しかし、乗り方、カスタム方法で燃費の改善も行うことも可能です。

私も軽自動車に乗っていますが、中古で買った当時は街乗りリッター15.6程度でしたが、燃費運転、燃費カスタムで街乗りリッター20.7までアップさせたこともあります。

燃費を左右する最大の理由はドライバーが一番の要因となりますのでゆとりのある運転を心がけることで燃費は向上して行きます。

新型タントがほしい〜!乗り回したい!!

これ本当に軽自動車!?と思えるほどの余裕の車内!!

スマートアシスト3搭載で先進の安全性能でサポカーSに適合されているなんて乗らないなんて有りえないですよね!!

良い車乗りたい!!かっこいい車乗りたいと思うお父さんの欲求をうまーく満たしてくれるのがタントシリーズのカスタム〜〜!!

 

皆さん、そう思いませんか??

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

 

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

 

など、新型タントシリーズを購入を検討してるけど悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能だけ!!費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

嫁に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

 

「ちょっと待ってよ〜このカラーとかすごく良くない??乗ってる車はかっこいいものの方が良いでしょ??もっと話を聞いてよ〜〜!!」

 

と言いたいけど、言えず・・・

 

欲しいのに、欲しい車に手が届かない!!

私もこんな体験をした一人です・・・

 

私の8年物の前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

 

おまけをしてもらって20万円ですよ??値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので…

 

値引きの金額としては十分だったので、もう一声!とは言えない状況でした。

 

ここで、超興味無さそうにしていた妻に「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

 

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最上位グレードの車は燃費も安全性能も装備も、やっぱりいいですよ!

 

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「一括査定サイトって??何・・??」

 

実は!!実際知らない方が多いんです!!知っていても内情がわからないから怖くて使用したことない方もいます。

それ、確実に勿体無いですよ!!

 

なぜなら、ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では最大80万円以上になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。