タントエグゼは2009年~2014年まで発売され、タントの派生モデルとして誕生しました。

今年で発売終了から4年が経過しますがまだまだ中古車市場での人気を集めています。

そこで今回はタントエグゼの中古車市場の動向、タントエグゼとタント燃費比較、さらにタントエグゼ、タントのおススメポイントをご紹介しようと思います。

 


スポンサーリンク



タントエグゼの中古車市場は?おススメ中古車をピックアップ!

引用:https://u-catch.daihatsu.co.jp/catalog/TANTO_EXE/index.html

発売終了から4年が経過しますが、中古車市場での人気もある車種のタントエグゼですが中古車市場の動向を見てみましょう。

タントエグゼの中古車はで高値をキープしているのはタントエグゼカスタムで100万円以上の値段で販売されています。

通常のタントエグゼでは比較的価格も安定している為、安く状態の良い物が購入できる可能性が大いにあります。

そこでタントエグゼの中古車で私がおススメする中古車をピックアップしてみましたのでご覧ください。

 

私がおススメする中古車をピックアップ!

 

おススメ1 価格も納得、走行距離もまだまだ走れる上物

年式 2010年式

色 シルバー

走行距離 1万1千キロ

修復歴 無し

価格 約69万円

同じ走行距離でタントエグゼカスタムを選ぶと100万円以上の金額がつく所、タントエグゼの場合69万円とリーズナブルに購入可能です。

カラーもシルバーで汚れが目立ちにくく、売却時も値崩れしにくいカラーですのでおススメです。

 

おススメ2 人気カラーのタントエグゼ、しかも低走行距離

年式 2010年式

色 ホワイト

走行距離 1万3千キロ

修復歴 あり

価格 約68万円

人気カラーのホワイトが70万円以下で販売されているケースもあります。

こちらは修復歴ありですが、通常ホワイトですと、プラス20万円ほどが相場ですが、低走行距離、人気カラーとなるとお買い得です。

売却時に修復歴ありだと査定に影響しますが、走行距離も1万3千キロと低走行でまだまだ現役で走ることが可能です。

 

おススメ3 価格重視でまだまだ乗れる物をピックアップ

年式 2011年式

色 ブラウン系

走行距離 5万9千キロ

修復歴 無し

価格 約46万円

購入時の価格を抑えたい!でも急に潰れても困る、と言う方におススメです。

走行距離も5万9千キロとまだまだ乗ることが可能で、色はブラウンと不人気カラーが要因で、価格は46万円とリーズナブルに購入することが可能です。

ブラウンは女性にも好まれ、奥さん専用で購入はいかがでしょうか?

 


スポンサーリンク


タントエグゼとタント燃費がいいのはどっち?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/04_interior.htm

車選びのポイントの一つで燃費が気になりますよね。

そこでタントエグゼ、タントの燃費の比較をしましたのでご覧ください。

タントエグゼ

2009年式~

カタログ値 21.5km

平均実燃費 12.27km

燃費達成率 57.06%

 

2011年式~

カタログ値 23km

平均実燃費 15.24km

燃費達成率 66.25%

タント

初代

2003年式~

カタログ値 18km

平均実燃費 13.26km

燃費達成率 73.68%

 

2代目

2007年式~

カタログ値 21km

平均実燃費 12.27km

燃費達成率 60.59%

 

3代目タント

2013年式~

カタログ値 28km

平均実燃費 15.44km

燃費達成率 55.16%

 

歴代タントとタントエグゼを比較してみると、一番燃費達成率が多いのは初代タントで、その次にタントエグゼが高く、一番燃費率が悪いのは現行の3代目タントとなりました。

平均燃費を見てみると現行の3代目タントが一番燃費が良く、次にタントエグゼが続く形となりました。

タントとタントエグゼの差も0.2kmとあまり差は無く初期コストが安く、低走行距離もお手頃の価格で手に入る点ではタントエグゼに軍配が上がります。

また、2代目タントとタントエグゼ発売初頭モデルですと同派生モデルの為大差はありませんが、2011年のマイナーチェンジで燃費も向上しています。

2009年式モデルでは燃費は見込めないものの、2011年以降のモデルを選ぶようにしましょう。

では、次の項目ではそれぞれの利点を見て行こうと思います。


スポンサーリンク



タントエグゼとタントおススメポイントをご紹介

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/02_grade.htm

コストパフォーマンスはタントエグゼに軍配が上がりましたが、新型タントと比較すると両側スライドドアの装備、最新の予防安全技術の追加など充実の装備が魅力です。

そこで両者のおススメポイントをご紹介しようと思います。

 

タントエグゼのおススメポイント

スライドドアは無いが車内は広々

タントエグゼはタント特有のスライドドアを廃止し、トールワゴン業界に参入しました。

それに伴い車体の軽量化となり燃費のアップの要因の一つだと言えるでしょう。

スライドドアが無く、通常のドアの点を除けばほぼタントと同じ室内空間がキープできるのは魅力です。

中古車価格が安い傾向

販売終了の為、購入方法は中古車購入のみとなりますが、低走行の物も多く、安く良い物を見つけやすいのも利点の一つです。

上記でご説明しましたが、燃費も新型タントとあまり差が無く、しかも安く購入できるのであればお買い得な車と言えるでしょう。

重量税が安い

初年度登録が平成27年4月以前の場合、重量税が前の価格の7200円据え置きのままですのでお得です。

しかし、初年度登録から13年経過すると一気に重量税が増額しますので注意が必要です。

狙いは2014年の最終モデルに近い物を選ぶことにより最大8年間ほど重量税が安く乗れますのでおススメです。

 

タントのおススメポイント

ファミリー層に便利

両側スライドドア、ミラクルオープンドアなどタント独自の装備ですが、ファミリーの場合スライドドアがあると大変便利です。

後部座席に子供を乗せていると乗り降りのドア開閉時に、他の車とドアがぶつかってしまうことも回避出来ますし、電動パワースライドドアですと、力の無い子供でも開け閉めが出来大変便利です。

また、ベビーカーなどもミラクルオープンドアのおかげで楽に乗せることが可能です。

改造パーツの数が豊富

車をドレスアップする趣味の方ですと、アフターパーツが豊富なほど改造がしやすい物です。

タントエグゼは隠れたマイナーな車の位置付けされていますので改造パーツも少ないですが、タントの場合パーツも豊富にあります。

また、リーズナブルな価格の物も比較的多く改造をメインで考えているのであればタントを選ぶ方が楽に改造することが可能です。

 


スポンサーリンク



タントエグゼ中古車市場、燃費、おススメポイントまとめ

コストパフォーマンス上ではタントエグゼが勝りますが、利便性を考えるとタントに劣っていまう所もあり一長一短な部分があります。

比較的、低走行距離も安く購入することが可能で台数もあるのでいい中古車に巡り合える可能性は大いにあると思います。

その分、タントは低走行距離はタントエグゼ以上に値段が高いですが、利便性に優れており、ファミリーやセカンドカーとして購入するケースも多く見受けられます。

 

新型タントがほしい〜!乗り回したい!!

これ本当に軽自動車!?と思えるほどの余裕の車内!!

スマートアシスト3搭載で先進の安全性能でサポカーSに適合されているなんて乗らないなんて有りえないですよね!!

良い車乗りたい!!かっこいい車乗りたいと思うお父さんの欲求をうまーく満たしてくれるのがタントシリーズのカスタム〜〜!!

 

皆さん、そう思いませんか??

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

 

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

 

など、新型タントシリーズを購入を検討してるけど悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能だけ!!費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

嫁に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

 

「ちょっと待ってよ〜このカラーとかすごく良くない??乗ってる車はかっこいいものの方が良いでしょ??もっと話を聞いてよ〜〜!!」

 

と言いたいけど、言えず・・・

 

欲しいのに、欲しい車に手が届かない!!

私もこんな体験をした一人です・・・

 

私の8年物の前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

 

おまけをしてもらって20万円ですよ??値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので…

 

値引きの金額としては十分だったので、もう一声!とは言えない状況でした。

 

ここで、超興味無さそうにしていた妻に「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

 

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最上位グレードの車は燃費も安全性能も装備も、やっぱりいいですよ!

 

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

「一括査定サイトって??何・・??」

 

実は!!実際知らない方が多いんです!!知っていても内情がわからないから怖くて使用したことない方もいます。

それ、確実に勿体無いですよ!!

 

なぜなら、ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では最大80万円以上になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。